家であり、学び場。ミャンマー孤児の“居場所”を守りたい。孤児院建設費を集めています。

ミャンマー西部のラカイン州タンドゥエにある『パレ・ヤーダナー寺院学校』。

 

ここには、約1,145人の孤児が学ぶ学校であり、食事をし、眠る家でもあります。

 

これまで、地元のミャンマー人、地元以外の場所に住むミャンマー人支援者、外国人観光客などの寄付で運営されてきた孤児院兼学校。その教室は、整った環境とはいえず、壁や窓もありません。

 

子どもたちにとっての大切な“学びの場”と“生活環境”を整えてあげたい。どうかご支援をよろしくお願いします。

 

つづきは写真か下ボタンをクリックしてご覧ください。

 



★新着情報★

2019年9月10日【ブログ更新】

       「25年ぶりの対戦!!」

       「よこはま国際フェスタ準備中!その2」をUPしました。

2019年9月6日 2019年8月の月間活動報告書をUPしました。

       【ブログ更新】

       「ニュースレター2号発行!」をUPしました。

2019年8月20日【ブログ更新】

       「残暑お見舞い申し上げます」

       「よこはま国際フェスタ準備中!」をUPしました。

2019年8月9日【ブログ更新】

       「自己紹介」

       「組織基盤強化のための活動スタート!」

       「研修に行ってきました」

       「ミャンマーの子供達の絵」をUPしました。

 

これより過去の活動につきましてはこちらをご覧下さい




リンク トゥ ミャンマーは、日本とミャンマーが対等につながり共に発展する社会を目指し、在日ミャンマー人と日本人とが協力して運営している特定非営利活動法人です。